嫌なら解約できる? セントラル短資FXの退会方法!

セントラル短資FXでは口座開設を行うのは無料でできるが、申し込んであらゆるツールを使ってFXを取引してみたが、あまり気に入らなかったということになる例もゼロではない。そんな時は解約を考えるだろう。

 

解約を行う方法としては、カスタマーデスクに電話して退会の故を伝えるしかない。新規開設の時にようにインターネットのWeb上で必要事項に記入して手続きを行うことはできない。電話を通じて口頭で言わなければならない。

  • 口座開設に要する日数=5~10日
  • 土日を挟むと若干長引く
  • 年末年始・GW・お盆辺りも長引く場合も

 

≫セントラル短資FXの口座開設はこちら


 

電話を通じて解約する手続きをはじめたら、次に口座に預けてある資金をすべて出金させなければならない。出金の際の手数料は一切かからないが、自分で手動で行うことになる。

 

一方、まだ保有中のポジションが残ってあるのであれば、それらをすべて決済してそれから解約を申し出なければならない。保有中のポジションを他社のFX会社に移動させるといったことはできない。セントラル短資FXでしか取引は不可能である。

 

もしセントラル短資FXにおいて口座を解約するのであれば、まず持っているすべてのポジションを決済して口座に残っている残高を自分の銀子口座へ出金し、それから退会するための電話をかけることが求められる。

勝手に解約されることはあるのか?

どころで、もし口座内の資金がゼロの状態が続いた場合、勝手にセントラル短資FXの口座が解約されてしまうということはあるのだろうか。

 

結論からいうと、原則としてはそのようなことはない。解約はあくまでも利用者から申し出があった場合にのみ行われる。特別な理由がない限り、まず自動的に退会させるということはないので安心してよい。

 

ただし、口座内の残高がゼロの状態が数年も放置された状態が続くと、セントラル短資FXへ一時的にログインできない状態になる可能性はある。

 

とはいえ、それでも自動的に解約されたわけではない。セントラル短資FXに電話をかけたりメールを送るなどして再びFXの取引を行う故を伝えれば再度ログインできるようになるだろう。