【ウルトラFX】破産して退場する人はなぜ大損する?

セントラル短資FXの「ウルトラFX」を利用する人の中には大損して退場を余儀なくされる結果に陥る人は一部存在する。なぜ、このような投資家は破産寸前まで多くの損失を出してしまうのだろうか。

 

外国為替証拠金取引において自分の余裕資金の範囲会を超えて多額のお金を市場の奥深くへ吹き飛ばしてしまう人は後を絶たない。資産運用の手段はいくつか存在するが、FXは特に大損する例が多い分野であるといわれている。

 

もちろん、FX人口が多いのも1つの理由ではある。ただ、退場を余儀なくされるほど資産を失ってしまう原因も他の手段と比べて多いのも確かではないだろうか。レバレッジをかけることができる制度になっている点が、余裕資金を超えた損失を被る要因となっている。

ウルトラFXに関しては、最低取引数量が50,000通貨となっているが、この値は他の口座と比べると大きい。最低限必要な資金が高いことから、どうしてもレバレッジに頼らなければならない流れになりやすい環境になっている。

 

資金的に数百万円以上の余力がある人であれば、それほどレバレッジに頼った取引をしないで済む。自己資金の範囲内でほとんど通貨の売買ができてしまうため、リスクも決して過大なものとはならない。

 

その一方で、200万円ほどの資金的な余裕がない人がウルトラFXに取り組んでしまうと、結果的にレバレッジに依存した取引をしなければならなくなる。

 

レバレッジに頼った場合、効率的に資産を運用できるというメリットがある反面、一度損失を被るとたとえその規模が小さいものであってもかなりの金額の損失を受けることになってしまうという欠点もある。

 

高いレバレッジによって大損して破産またはそれに近い状態ちなってしまって退場する結果になる可能性が出てくるのである。

 

一般的なFX会社では、最低取引数量が1,000通貨、高くても10,000通貨となっている例がほとんどである。これらではそれほど大損する人はそれほど多くはない。それに比べてウルトラFXは50,000通貨が最低ラインとなっている。これが退場する例が多くなる理由といえる。

 

逆に言えば、ウルトラFXの最低取引数量に見合った資金力がある人であれば決してハイリスクな口座ではない。大口投資家にとってはまったく影響がないといっても過言ではないだろう。

 

必要なポジション数が従来のものよりも大きい以上、余裕資金がある場合に限ってウルトラFXに挑戦するのがよいと私は考えている。

セントラル短資FX「ウルトラFX」

 

  • 低スプレッド
  • マイナススプレッドの例あり
  • スキャルピングOK

 

≫口座開設はこちら