エコトレFX、証拠金の目安はどれくらい?

ひまわり証券の「エコトレFX」における証拠金として、具体的にどれくらいの金額が目安となるのか。初期投資のための費用として、いくらの資金を事前に用意しておけばいいのか。

 

レバレッジは最大で25倍であるFX取引において、裁量取引であれば、自分で売買の判断を下し、ポジションの発注も手動で行うため、必要となる証拠金はとてもわかりやすい。

 

しかし、エコトレFXなどのシステムトレードの場合、エントリーの発注を行うのは売買システム(ストラテジー)であるため、必要となる正確な証拠金の金額は分からないのが実情である。

 

また、エコトレFXをはじめとする選択型シストレでは、1つのストラテジーだけで資産を運用するのではなく、複数のものを同時に運用することが望ましい。

 

したがって、証拠金として用意する資金の金額は、複数のロジックを使ったことを前提にしながら産出させなければならない。すなわち、単純に計算することは難しいといえる。

最低でも100万円

100万円が証拠金の最低限度

証拠金として事前に入金しておくべき金額の目安としては、最低でも100万円くらいはあるのが好ましい。

 

その根拠として、まずエコトレFXの裁定取引数量は10,000通貨となっていることが挙げられる。1万通貨の取引とは、時価総額としては100万円は超えることがほとんどである。実際のレートによって異なるとはいえ、取引される金額は100万円前後なるのは確かだ。

 

 

レバレッジをかけることを考慮すれば、それほどの資金は不要といえるかもしれない。しかし、レバレッジは最大でも5倍程度として考えながらFXに参加するのが良いと言われている。

 

自己資金力を大幅に超えて取引するのは、あまりにもリスクが高く、大損して破産することの原因となる可能性も出てくる。

 

また、複数の売買システム(ストラテジー)を同時稼働させて、ポートフォリオ単位での運用を行うことも考慮することが求められる。

 

仮に、1度に3つのロジックをエコトレFXで同時稼働させた場合、各売買システムで1万通貨ずつポジションを保有すると、取引する時価総額は300万円前後になるだろう。100万円の元手の場合は、実質的なレバレッジは3倍ほどになる。

 

1つの売買システムでは、2つ以上のポジションを同時に持つこともある。こうなると、1度に保有するポジションの単位数は5、6つになる可能性もある。

 

あまりにも証拠金として入金してある金額が少ないと、証拠金が不足して強制ロスカットの基準に達することもある。このため、最低でも証拠金として入金しておくべき金額の目安としては、100万円くらいであるといえる。

 

証拠金制度の罠

 

エコトレFXなどの自動売買ツールのみならず、FX全体は証拠金制度を採っている。このため、自己資金の範囲を超えて為替市場での投資活動に参加することが可能な仕組みになっている。

 

しかし、証拠金性にはマイナスの面もある。それは、リスクの大きさである。取引する時価総額が多くなれば、その分損失が出た時に失う金額は大きくなる。

 

レバレッジに頼ったFX取引を行った場合、自己資金の範囲内で投資した時よりも数倍~数十倍もの損失を被ることになる。

 

たとえば、レバレッジ1倍では1万円の損失が発生するところを、レバレッジを25倍にすると、それが25万円の損失となる。もし、この時に自己資金が25万円未満だと借金地獄となる。

 

これが証拠金制度の罠である。考えられる損失のリスクを考えると、自己資金に見合ったポジション数でエコトレFXをはじめとする投資に参加することが大切なのは間違いない。

ひまわり証券【エコトレFX】

エコトレFXとは?

 

運営会社:ひまわり証券

種類:選択型シストレ(サーバー型かんたんシステムトレード自動売買ツール)

サービス開始:2010年4月

 

≫口座開設はこちら

 

※約5分で完了