シストレ24の入金・出金にかかる手数料!

 インヴァスト証券「シストレ24」の口座に取引のための資金を、自分の銀行から入金しなければ、実際に自動売買を始めることはできない。また、取引の後には、出金しなければ場面もある。


 そんな入金・出金についての話が登場すると、誰もが気にする点がある。それは、手数料に関する内容である。何でもあれ、やはり手数料コストが発生するとなると、どうしてもその有料サービスを使うのは避けたいだろう。


 インヴァスト証券における、入金と出金の際にかかる手数料は、果たしてどのような仕組みになっているのか。


入金に手数料はかかるか?

 

 インヴァスト証券の取引口座に入金する方法としては、2つ存在する。1つは、ネットバンキングを利用した「即時入金サービス」であり、インターネットを通じて、自分の銀行口座から証券会社あてに送金する方法である。

 

 もう1つは、銀行振り込みで行う方法であり、こちらはATM振込が一般的な手段となる。ATMについては、入金の手段として心配する人は少なく、誰でも安心して利用できるのは確かな現状であろう。

 

 どちらも、方法としてはとても簡単であり、特に難しく考える必要性は一切ない。特に、前者については、どんな人であっても、ネットバンキングの登録を事前にしておけば問題なく入金することが可能だ。

 

即時入金サービス

 

 即時入金サービスは、「クイック入金サービス」と呼ばれることもある手段である。インターネットを利用して銀行口座から、インヴァスト証券の口座に入金し、一度振込ボタンをクリックすれば、直ちに入金は反映されて、すぐにでもシストレ24で取引を開始することができる。

 

 メリットとしては、手数料がまったくかからないという点である。ネットバンキングの指定金融機関としては、メガバンクをはじめ、ジャパネット銀行、楽天銀行、住信SBIネット銀行といったネットバンクなどが挙げられるが、どこを使っても手数料は無料である。

 

 もし、手数料に関して何か心配しているのであれば、ネットバンキングを通じた即時入金サービスを利用することをおすすめする。

 

ATM銀行振り込み

 

 ATMを通じて銀行振り込みという手段も、入金の方法の1つとして挙げられる。ただし、この銀行振り込みについては、大きなデメリットが存在する。

 

 ATM、窓口を問わず、銀行振り込みによってインヴァスト証券の口座に入金した場合には、振込手数料が発生する。各金融機関によって、具体的な料金は異なるが、216~324円くらいはかかってしまうところがほとんどである。

 

 このように、銀行振り込みを利用してしまうと、手数料という追加コストがかかってしまうという欠点が存在するため、もしネットバンキングに何らかのアレルギーがあるという場合を除いては、即時入金サービスを利用するのが良いだろう。


出金は完全無料!

 

 インヴァスト証券において、再び自分の銀行口座に戻す出金について、手数料は一切かからない。完全に100%無料で出金することができる。したがって、この点を心配する必要はない。

 

 具体的な流れとしては、あらかじめ指定しておいた金融機関の振込指定口座に振り込まれるという形で出金される。ネットバンキングを利用していても、特に金融機関にログインする必要はなく、面倒だと感じるような手間もない。

 

 ただ、入金時と違って、直ちに出金して現金に戻すことはできない場合もある。当日に出金されるようにするためには、午前7時まで(米国サマータイム時は午前6時まで)に手続きを行う必要がある。

 

 それ以降の時間に出金の手続きを行うと、実際に自分の銀行口座に振り込まれるのは翌日となってしまう。よって、すぐに現金化したいからといって、直ちにそれが実現できるわけではないことに注意する必要があるだろう。

 

まとめ~手数料は無料なことが多い!

 

入金時

  1. 即時入金サービス

    手数料は無料。ネットバンキングによって直ちに行える。

     

  2. 銀行振り込み

    手数料あり。ATMた窓口で行える。銀行に行くという手間がかかる。

     

出金時

  • 完全無料。ただし、反映されるまでに時間を有する。