らくらくテクニカルとは?

 らくらくテクニカルとは、相場のこの先のトレンドを予想するためのチャート予測ツールである。インヴァスト証券でしか使えないツールでもある。


 この先トレンドの傾向が見られるのか、それとももみ合いのレンジが続くのかを予測した結果を表すツールが「らくらくテクニカル」である。簡単に言えば、FXの天気予報であろう。過去の統計から、チャートの形を分析してこれからの値動きの形を予報する仕組みをもつ。


 らくらくテクニカルで分析できる通貨ペア数は23通りである。トライオートでもシストレ24、あるいはFX24のいずれかの口座を開設していれば誰でも利用することができ、登録料や利用手数料などの料金はいらない。


どんな仕組みなのか?

らくらくテクニカルの仕組み
インヴァスト証券公式サイトより


 らくらくテクニカルにおいては、「売買サインパネル」と「トレンド予測チャート」の2つの機能が備え付けられている。

 

 「トレンド予測チャート」では、過去2000本分のチャートの履歴と現在のチャートの形を照らし合わせて、今までに起こった値動きを近似して今後のチャートの形を予測する仕組みになっている。これから先は、チャートの形がどんなものになるのかを線で表され、利用者は具体的な値動きの形を、過去のチャートのように把握することができる。

 

 「売買サインパネル」では、各通貨ペアごとに「買い」か「売り」かをシグナルとして表す機能を持っている。移動平均線やボリンジャーバンド、MACDといった様々な種類のテクニカル指標を用いて、エントリーのタイミングであるのかどうかを発信する仕組みになっている。複数のテクニカル指標でシグナルが発生すればするほど、その時はエントリーする絶好のタイミングであることを示す。

 

 マルチフレームで、各通貨ペアや各時間足でのシグナルを一度に閲覧することができるようになっているため、さまざまな通貨や時間足を比較して、どのようなシグナルが出ているのかを比較することができるというメリットがある。

 

どう利用する?

 

 らくらくテクニカルでは、「トレンド予測チャート」において売買サインを同時にチャート上に表すことも可能である。したがって、将来の値動きの予想と売買のタイミングを同時に把握することができるという仕組みになっているため、より一目でチャートを分析することができる。実用例としては、トライオートで上昇・下降トレンド、レンジを選ぶ項目で、売買の方向を選ぶ際に参考にすることができるであろう。

 

 シストレ24においては、もともとストラテジー自体が完全に自動売買のプログラムに沿って取引する仕組みになっていることから、らくらくテクニカルの役目はほとんどない。しかし、トライオートでは、よりテクニカル分析の作業を簡素化して、よりシンプルにトレードを行うことを可能にさせてくれるアイテムであることは確かである。