セントラルミラートレーダー、ロスカットの基準とは?

証拠金取引であるFXには強制的には保有中のポジションが強制的に決済される「ロスカット」というものがある。自動売買であうセントラルミラートレーダーもその例外ではない。

 

評価損(含み損)が一定のレベルに達するとストラテジーが手仕舞いのシグナルを出さなくても業者の方から決済されてしまうようになっている。

いつ行われる?

ロスカットは口座清算価値が維持証拠金を下回った場合に行われる。わかりやすく言うと、ある時点でぽ夕中のポジションを決済したときに残った口座残高が必要とされる証拠金の金額を下回った時がロスカットの基準になるというわけだ。

 

例を挙げて説明しよう。

 

10万円の現金を入金して、米ドル/円を1ドル=100円の時に買い方向で1万通貨($10,000分)のポジションを保有したとする。この時、維持証拠金は$10,000の4%ということで$400、日本円に換算すると40,000円である。

 

口座精算価値がこの40,000円を下回るとロスカットの基準となる。レートにすると、6円以上の評価損が発生した時であり、この例では1ドル=94円以下になった場合がその基準である。

 

自分で手動で取引する場合、ロスカットに関してはあまり注意しなくて済む。少しでも資金管理ができているのであれば、この基準に達してしまう例はかなり少ない。

 

しかし、自動売買であるセントラルミラートレーダーの場合、自分で直接的に売買の判断をしていないため、なかなか自分の口座の状況には目がいかない。このため、いつの間にかロスカットになっていたという例も少なくない。

 

十分に資金管理を行っていないと、大部分の証拠金である資産を失ってしまうことになりかねない。システムトレードだからと慢心してほったらかりに放置してしまうと、失敗の原因となる可能性が高まる。

 

セントラルミラートレーダーの取引プラットフォームを定期的にチェックし、ロスカットをはじめ損益状況を確認し、必要に応じてあらゆる改善を施していかなければならないのは確かであろう。

 

まとめ

 

ロスカットになる基準

…口座精算価値が維持証拠金を下回ったとき

 

FXの自動売買である「セントラルミラートレーダー」では損益状況を把握していない人が多い。特にロスカットにならないように注意することが求められる。

セントラル短資FX