【トラリピ】口座開設までの日数! 審査は1週間以内?

トラリピの運営会社であるマネースクウェアジャパンの口座開設にかかる日数は大体何日くらいなのか。申し込みからログインのために必要なIDとパスワードが記載された書類が郵送で自宅に届くまでに期間は3~5営業日程度である。

 

審査に通過すればすぐに簡易書留郵便でマネースクウェアジャパン側から書類が送られてくる。仮に月曜日に口座開設の申し込みを行えば、金曜日またはその前後にはログインできる状態になる可能性が高い。

 

東京からの発送となるため、北海道や関西より西側では若干届くまで日数がかかる場合があるが、それでも1週間以内にはログインしてトラリピによるFX取引ができる例がほとんどである。

 

自宅まで書類が送られてくれば、その時点で審査に通過したという証であり、申込みの流れは終了する。以後何かの手続きを行う必要はない。

口座開設の流れ

1.口座開設の申し込みフォームの記入

 

まずは自分の氏名・住所・電話番号・Eメールアドレスといった個人情報の記入から始まる。オンラインで行うことが可能であり、印鑑は一切必要ない。ここが銀行などでの口座開設の時とは違う部分である。

 

所要時間に関知れは、だいたい5分から10分程度である。それほど長時間はかからない。簡単なアンケートや利用規約への同意などはあるものの、それ以外の面倒な点はない。

 

2.本人確認書類+マイナンバー

 

申し込みフォームへの記入が終われば、次にやることは本人確認書類とマイナンバーが書かれた書類を業者側に送るという作業に移る。

 

正式なマイナンバーカードがあるのであれば、それ以外の本人確認書類はいらない。「マイナンバー通知カード」もしくは個人番号が書かれた住民票を使うのであれば、それらのいずれか一方に加えて本人確認書類を合わせて送る必要がある。

 

本人確認書類に関しては、運転免許証、在留カード、住基カード、パスポート、印鑑証明書などが使える。いずれかの1点だけで問題ない。ただし、健康保険証や学生証などは利用できないので注意が必要だ。

 

マネースクウェアジャパンまで送る方法は2つある。ファイルアップロードと郵送の2通りである。

 

ファイルアップロードの場合、デジタルカメラやスマートフォン・タブレットで撮影したデータ、あるいはスキャンしたものを口座開設後にメールで案内されるURLに添付するというやり方になる。

 

郵送の場合は、紙媒体にてコピーしたものを封筒にいれてマネースクウェアジャパンに送るというやり方である。

 

簡単で手間がかからないのは前者のファイルアップロードである。とはいえ、もしインターネットに慣れしたんでいないのであれば、郵送の方がやりやすいかもしれない。

 

3.審査

 

マイナンバーと本人確認書類の送付が終われば、あとは審査が終わるのを待つのみである。そして、審査に通過すれば直ちにログイン用のID・パスワードが書かれた書類が簡易書留で自宅に送られてくる。

 

ID・パスワードがわかれば、ログインして新しく作った入金し、いよいよFX取引が実際にできるようになる。もちろん、同時にトラリピも完全に使えるようになっている。

 

これで口座開設の一連の流れは終わる。あとは実践に移るのみであり、待ちに待ったトラリピを利用した資産運用ができるわけだ。