FXプライムbyGMO「ちょいトレFX」の評価&レビュー!

FXプライムの「ちょいトレFX」の評価について、スプレッドや手数料コスト、ツールのメリット・デメリット、人気度などの点から評価する。「選べるミラートレーダー」と同じくシステムトレードのツールであり、どんな点で評価でき、どんなところで高い評判を得ているのかを説明する。

ちょいトレfxの何で高い評判を得ているのか

評価のポイント
  1. カスタマイズ性に優れる
  2. スプレッドが小さい、固定制
  3. 上級者向けの自由度

ちょいトレFXの評価

 

  • 自由にストラテジーを作成
  • クリックするだけで簡単
  • 低スプレッド
  • スマホ対応

 

  コスト ストラテジー数 通貨ペア数 ツール 少額投資 人気度 総合評価
評価 S S B S C A A


自由にストラテジーが作れる

 

ちょいトレFXの最大の特徴といえば、ストラテジーを自由に作ることができる点であろう。ストラテジーは「選べるミラートレーダー」と同じように、業者側が用意しているストラテジーの一覧の中から選ぶことができる。

 

また、「選べるミラートレーダー」ではカスタマイズができない一方で、ちょいトレFXではストラテジーのカスタマイズができる点で「選べるミラートレーダー」と大きく異なる。さらに、自分で完全にストラテジーを自作することも可能である。

 

指定したいテクニカル指標や時間足については、用意されているブラウザ上の項目から、自分の好きな項目や数値を指定することができる。ただ選ぶのではなく、自由にテクニカル指標を組むこともでき、自由に時間足を指定することができるのがちょいトレFXの最大のメリットである。

 

スプレッドが小さい

 

ちょいトレFXの場合、スプレッド幅はミラートレーダーよりも小さい。MT4という自動売買(FXプライムでは取り扱っていない)と同等のスプレッドとなっている。

 

取引コストが小さい分、手数料が全体の収益に対して占める大きさが小さくなる点から、効率的な資産運用を実現することが可能であろう。特に、短期売買では、手数料もコスト面が影響する規模が大きくなるため、メリットとなる。

 

たとえば、米ドル/日本円のスプレッドは1.0銭と、裁量トレードとほとんど変わらない。このように、低コストで取引できるところから、さまざまな自動売買の種類が存在する中で、ちょいトレFXのスプレッド面での評価は高い。

 

もし、短期売買の性質を持つストラテジーを用いることを目的に、低スプレッドで参加できる自動売買を探しているのであれば、候補の1つとなるだろう。少しの利幅で利食いするプログラムを使うなら、やはりスプレッドが小さいところが好ましい。

 

スマホ対応

 

ちょいトレFXの2番目のメリットは、自動売買ツールがスマホ(android/iphone)に対応している点である。スマホに対応していることによりメリットとしては、外出中であってもストラテジーの運用成績の確認ができる点や、どんなストラテジーを選ぶのかを暇な時間に検討することができる点などが挙げられる。

 

自動売買とはいえ、やはりスマホに対応していることによりメリットは大きいだろう。たとえば、稼働しているストラテジーが世の中の突然の出来事による相場の急変によって損失を急激に出し始めた場合に、スマホを利用することができる環境であれば、そのストラテジーを急いで止めることができる。

 

できるだけ損失を抑えることがFXで利益を伸ばすポイントであるため、損失の損切りは大切な行動だ。スマホで損失を限定できる状況は、当然あるのが好ましい。

評価&レビュー
 
 ちょいトレFXの最初に評価できる点は、ストラテジーのテクニカル指標や時間足を自由に選ぶことができ、カスタマイズ性に優れている点である。MACDやRSIといったテクニカル指標を利用者は好きに指定することができ、数値についても自由に決めることができる。

 業者側が用意しているストラテジーを選んで自動売買を行うことができ、そのストラテジーを利用者が改造することも可能である。「自由さ」や「カスタマイズ性」が大きいのがちょいトレFXの評価できる特徴だ。
 
 また、プログラミングの知識が不要な点も、初心者でもカスタマイズが可能である点で評価できる。MT4(メタトレーダー)などの自由度が高いシステムトレード用ツールでは、プログラミングの知識が必要であるが、ちょいトレFXでは、そんなに難易度は高くない。

 各項目ごとに数値や指標を指定するタイプであるため、高度な技術が要らずにカスタマイズができる。特にプログラミングの技術や知識がない人向けに評価できるポイントである。どんな人であっても、参入はとても簡単だからこそ、人気のあるタイプのシストレとなっているのだ。
 
 次に評価できる点は、スマホに対応している点であり、スマホからもちょいトレFXのページを開くことができる。ストラテジーの運用状況の確認や検証外出先でも行うことができる点が評価のポイントである。

 現代社会においてスマホに対応していることによりメリットが大きい。人気度が高い理由も「スマホ対応」に存在する。したがって、スマホが使えることも評価できる要素だ。
 
 一方で、評価が良くないデメリットは、自動売買を行うためにはVPSが別途として必要になる点である。パソコンの電源を切ってしまうと自動売買のシグナルが止まってしまう取引が継続されない。

 このため、自動売買を継続させるためにはVPSサービスを利用して、どこかのサーバーを借りてシステムを動かさなければならない。VPSサービスは少なからずコストがかかるため、利用者が急増しない根拠ともなっている。

 これは、MT4(メタトレーダー)と同じデメリットであろう。VPSが必要な点が評価できないデメリットであろう。
 
 「自由さ」「簡単さ」などの点から、ちょいトレFXを大きく評価できる点だ。しかし、VPSが必要になるという欠点もあるため、総合評価は“A”が適切な評価の判定ではないだろうか。

会社概要

 

社名:株式会社FXプライムbyGMO(英文:FX PRIME by GMO Corporation)

設立:2003年(平成15年)9月24日

資本金:13億6,487万5千円

 

≫口座開設はこちら

 

(約5分で完了)

 


関連記事~今すぐチェック

ちょいトレFXの評判と特徴とは?
FXプライムの自動売買「ちょいトレFX」の特有の評判のポイントについて、より詳しく紹介する。他の種類のシステムトレードとは異なる性質があるのが特徴となっている。
ちょいトレFXvs選べるミラートレーダー
ちょいトレfxと、大人気の「ミラートレーダー」を比較する。それぞれ、何が共通点である一方で、どんなところが異なるのか。システム上の仕組みなどを比べる。
ミラートレーダーの業者BEST5の比較
ミラートレーダーを取り扱う会社として、多数のユーザーから選ばれている業者5社を取り上げ、いくつかの項目ごとに比較する。
選べるミラートレーダーの評価&レビュー
FXプライムのもう1つの自動売買ソフトである「選べるミラートレーダー」について、どんな評価を得ているのかを述べる。また、レビューとして知っておきたいポイントも合わせて解説する。