最大レバレッジは? デューカスコピー・ジャパンで必要な証拠金!

デューカスコピー・ジャパンにおいて個人投資家がかけられるレバレッジは最大で25倍となっている。1,000通過からFX取引ができるようになっているため、証拠金として必要になる金額は1万円程度である。

 

詳しい証拠金の金額に関しては各通貨ペアによって異なり、価格の上下によっても求められる金額の数値が変動する。クロス円では、円高になると拘束される証拠金の金額は下がり、円安になるとその逆で上がる。

 

今回紹介するデューカスコピー・ジャパンはスイス銀行の系列のFX会社であり外資系の企業であるが、日本人向けの口座は日本国内の拠点でサービスの提供を行っているため日本の法律(外為法)が適用される。外為法は正式には外国為替及び外国貿易法という名称であるが、個人のレバレッジはMAX25倍というのはこの法律で決められている。

 

レバレッジの上限が法律で定められているため、スイス系のFX会社であるデューカスコピー・ジャパンでも個人の場合は25倍までとなっているのだ。

最大レバレッジ25倍、一部は10倍!

通貨ペア 詳細 証拠金率 レバレッジ率
EUR/DKK ユーロ/デンマーク・クローネ 10% 10倍
USD/DKK 米ドル/デンマーク・クローネ 10% 10倍
USD/CNH 米ドル/オフショア人民元 10% 10倍
USD/HKD 米ドル/香港ドル 10% 10倍
HKD/JPY

香港ドル/日本円

10% 10倍
EUR/HKD ユーロ/香港ドル 10% 10倍
CAD/HKD 加ドル/香港ドル 10% 10倍
TRY/JPY トルコリラ/日本円 10% 10倍
ZAR/JPY 南アフリカランド/日本円 10% 10倍

メジャーな通貨ペアに関しては、デューカスコピー・ジャパンでもレバレッジは25倍まで利用できる。USD/JPYやEUR/JPY、USD/EURなどのような取引高が世界的に多くて流動性が高い組み合わせでは25倍のレバレッジをかけることにより、実際には少ない資金しかない状態でもFXの取引に問題なく参加できる。

 

一方、一部のマイナーな通貨ペアではレバレッジの上限が10倍に抑えられているものがある。全部で48種類の通貨ペアを取り扱っているデューカスコピー・ジャパンであるが、その中の9種類(EUR/DKK, USD/DKK, USD/CNH, USD/HKD, HKD/JPY, EUR/HKD, CAD/HKD, TRY/JPY, ZAR/JPY)では10倍となっている。

 

いずれも世界的にかなり取引高が少ない組み合わせとなっている。流動性が低いということから、相場が急変しやすく数分で何百pipsも値動きをする例が頻繁にある。これによりリスクがあることから、安全を考えてレバレッジが低く抑えられているものと考えられる。

 

なお、デューカスコピー・ジャパンでは成行注文、指値注文、逆指値注文のみならず、MIT注文、OCO注文、成行OCO注文、IF-Done注文、IF-Done OCO注文、BID注文、OFFER注文といった他のFX業者にはあまりない注文機能がある。

 

レアな発注方法があるのはメリットであるが、レバレッジに関しても条件が変わることはない。25倍のレバレッジがかけられる通貨ペアであればそのまま上限まで利用することができる。

 

最低入金額がある!

 

証拠金として必要な金額は、FXの代表格であるUSD/JPYであれば5,000円程度である。しかし、デューカスコピー・ジャパンでは最低入金額というものが存在する。

 

開設した口座へ入金する際には10,000円以上の現金を入れなければならない。したがって、証拠金としては数千円のみの資金力しか求められないとしても、取引するためには10,000円以上のお金がないとそもそも取引の準備に入れない。

 

通常、日本国内のFX会社では最低入金額を設けていないところが多い。極端な話、1円であっても入金することは可能な業者が多い。しかし、外資系のFX会社では最低入金額がある例が多く、デューカスコピー・ジャパンもその1つであるといえるだろう。

デューカスコピー・ジャパン

 

会社名:デューカスコピー・ジャパン株式会社

資本金:3億7千万円

自動売買:可能(JForex)

プログラミング言語:Java

機能:自動売買・高機能チャート

 

≫口座開設はこちら