デューカスコピー・ジャパンの口座開設の審査にかかる日数は?

デューカスコピー・ジャパンの口座開設においてどれくらいの期間がかかるのか。具体的な日数は何日くらい要するのか疑問に思っている人は多いのではないだろうか。誰でも申し込んでからすぐに取引できるようになるわけではない。FXに適した人であるかを判断する審査がある。

 

安定した収入のあって金融資産が少なからず余裕のある人であれば、口座開設の審査で落ちることはほとんどない。ただし、収入が安定していなかったり、まとまった収入がない、金融資産が少ない状態だと問題ありと診断されて審査で落とされる可能性が出てくる。

 

また、審査にぎりぎりのラインで通過したとしてもその日数が通常よりも長くかかってしまう例もある。どうしてもより細かく判断することが求められる状況だと期間も長引いてしまう。

ふつうは1週間!

デューカスコピー・ジャパンにおいて口座開設の審査には一般的に1週間前後かかる。正確いうと、3~5営業日が平均的な日数となっている。例えば、月曜日に申し込みを行った場合、金曜日にはログインのためのIDとパスワードが書かれた書類が発送されるといったほどだろう。

 

IDとパスワードが記載された書類が自宅に送られてくれば、その時点で口座開設の審査に通過したということの証となる。それ以後は何か手続きをしなければならないことは一切ない。口座に入金すれば実際にログインしてFX取引ができるようになる。

 

1週間というのはあくまでも目安の1つであり、繁忙期と閑散期ではかかる日数は違ってくる。繁忙期は、年末年始・ゴールデンウィーク・お盆の前後とボーナスが出る時期である。それ以外は基本的には閑散期でいえる。

 

これはデューカスコピー・ジャパンに限った話ではなく、ほとんどのFX会社に当てはまる内容だ。

 

主婦・パート・学生は?

 

ところで、主婦やパート社員、学生も口座開設の審査に通過できるのだろうか。どんな身分であれ、収入と金融資産があれば落とされることは少ない。主婦の場合は配偶者の収入が安定していれば好材料となる。パート社員に関しても、毎月まとまった収入があれば問題が出てくる可能性は低い。

 

学生に関してはアルバイトなどで多少の収入があり、かつ貯蓄がないと厳しい状態になるかもしれない。アルバイトはしていて毎月収入が入ってくるが、ほとんど使い果たしてしまうという学生は審査落ちする可能性が高まる。

 

高齢者もまた、年金生活で貯蓄が少ないと審査落ちする確率が出てくる。FXは元本割れの可能性が多いに存在する投資手段であることから、資金的に余裕がない場合は避けた方がよく、この考えから審査がある。

 

余裕資金がなければ当然FX会社の利用も「NO」と言われてしまう。あくまでもお金に余裕がある人に向いているのがFXという資産運用の手段なのである。

会社概要

 

会社名:デューカスコピー・ジャパン株式会社

資本金:3億7千万円

プログラミング言語:Java

機能:自動売買・高機能チャート

 

≫口座開設はこちら