【YJFX】トレードコレクター、最低資金はいくら?

YJFXの自動売買(システムトレード)ツールである「トレードコレクター」に必要な最低資金の具体的な金額はどれくらいなのか。元手がいくらあれば十分となるのか、といった疑問を持っている人は多い。

 

実際、トレードコレクターでは1,000通貨からFXができるようになっていることから、求められる資金力はそれほど多くはない。10万円ほどさえ用意できれば、それで物理的にはトレードコレクターに参加できる。

 

とはいえ、実際に自動売買を使うに当たっては、複数の売買システム(カード)で運用するのが好ましいため、資金力には余裕があればあるほど良い。

 

したがって、用意する資金量は50万円以上であるのが好ましい。これくらいの元手を用意すれば、自己資金力に見合ったFXの自動売買が可能であり、なおかつ複数のカードを使うことができる。

「最低投資金額の目安」は根拠あり?

トレードコレクターの最低投資金額の目安

トレードコレクターの各カードには、「最低投資金額の目安」という金額が記載されている。これは、該当するカードを使ってシステムトレードを行う際に目安となる最低資金(証拠金)の金額である。

 

しかし、これはあくまでも大まかな目安であって、必ずしも必要最低限の金額というわけではない。相場の流れの変化によっては、「最低投資金額の目安」の数値を超えた金額の元手が求められることもありうる。

 

したがって、実際に事前に用意しておくべき投資元本の金額は、「最低投資金額の目安」よりも多めにしておくことが良い。

 

もちろん、「最低投資金額の目安」の算出は過去の取引データに基づいて計算された数値であり、根拠があるのは確かな事実である。とはいえ、外国為替相場は将来的にはどんな値動きをするのかはわからない。

 

過去のマーケットの動きとは全く違ったような変動をする可能性もゼロではない。つまり、永久に過去のデータに沿って算出された「最低投資金額の目安」が保証されるというのではない。

 

あくまでも1つの目安でしかない数値であり、それが固定化された必要最低限の金額を表したものではないということを知っておかなければならない。

 

自己資金に余力を持つのが大切!

 

FXそのものは、レバレッジ25倍で行われるため、必要となる証拠金は実際の取引総額の25分の1の資金が必要となるだけである。

 

しかし、レバレッジに頼って少ない資金力で取引数量を大きくするのは、リスクが巨大なものとなってしまう。大損する可能性が存在し、最悪も場合は破産という結果になる例もある。

 

このため、できるだけ自己資金力の範囲内で証拠金取引に臨むのが好ましい。そして、これは裁量のFX取引だけに当てはまることではない。自動売買であるYJFXのトレードコレクターにも該当する。