あの「Cymo」というFXアプリ、評判はどう?

「Cymo」とは、YJFXの外貨exの口座開設者が無料でダウンロードして使えるスマートフォン・タブレット端末用アプリの名称である。iPhoneやAndroidのどちらでも使うことができ、iPadなどでも使える仕組みになっている。

 

「Cymo」を使うことによって、デスクトップのパソコンがない外出先であっても、FXの為替レートや取引チャート、残高、収支状況などの口座情報を閲覧することができる。インターネットに接続できる環境さえあれば、リアルタイムの情報をつかめる。

 

パソコンほど高機能ではないが、簡単なチャート分析も行える。注文の発注についても、指値・逆指値などを設定することも可能になっているので、リミット・ストップの予約も簡単にできる。

 

IT技術が普及した現代においては、FX投資家には欠かせないアイテムといっても決して過言ではない。

良いところ

メリットといえる良いところとして、まず動作が速い点が挙げられる。FX取引のアプリの場合、性質的に動作が重いものが多いが、YJFXの「Cymo」は比較的サクサク動くようになっている。

 

動作が良いとして高評のiPhoneのみならず、旧式のAndroidのスマートフォンでも他の業者のFX取引アプリよりスムーズに操作できる。急いでマーケットへの成行注文を出したいときでもイライラせずに済むということで、評価できる。

 

FX取引に長年取り組んでいると、相場の急変が起きるときに何度か出くわすことがある。それが、日中の外出中の時とかぶった時には、俊足な行動が損益結果に大きな影響を与える場合もない。

 

素早い行動が求められる時に力を発揮するのが、外貨exの「Cymo」であることは間違いないだろう。

 

続いてコストの面についてである。原則固定のスプレッドを維持している外貨exであるが、Cymoを経由してスマートフォンやタブレット端末から取引を実行しても、追加的な費用は一切かからない。

 

通常の外貨exの場合と同じ値のスプレッド幅だけが取引コストとなるだけとなっている。これもまた、良い評判のポイントであろう。

 

約定の時のスリッページが少ないのも、YJFXのCymoならではの長所だろう。成行の場合でもタイムラグが少ないので、狙った通りのレートで約定されやすい。

 

悪いところ

悪い欠点といえば、自動売買口座である「トレードコレクター」には対応していないところといえるかもしれない。

 

近年人気を拡大し続けているFXのシステムトレードができるYJFXのトレードコレクターに関しては、こちらのCymoからでは操作することが一切できない。

 

したがって、自動売買をメインにFXに取り組んでいる人にとっては、利用するメリットがまったくない。あくまでも手動で取引する外貨exの利用者向けのツールとなっている。

 

Cymoに限ったことではないが、YJFXは早朝(日本時間午前6時前後)にスプレッドが拡大することがよくある。この時間帯は取引額が世界的に少ないため、たとえ固定制であってもスプレッドが広くなりやすい。

 

さらに、表示できるテクニカル指標の種類もそれほど多くはない。取り扱っているのは、移動平均線やボリンジャーバンドなどの主流のものばかりである。

 

つまり、チャートを用いて高度なテクニカル分析を行うことがあまりできない。取引スタイルによっては、不便を感じるという人も存在することは否定できない。

関連記事~今すぐチェック