Forex.comでスキャルピングは可能? MT4でも問題なし?

Forex.comもまた、MT4(Meta Trader)を取り扱っている会社である。スキャルピングに関しては特に規制や禁止を示した要綱はない。したがって、新規エントリーから数秒~数分で決済を入れても問題はない。

 

一般的な裁量でFX取引を行う「Forex Trader」であっても「MT4」であってもスキャルピングの手法を実践することは可能だ。MT4に関しては、複雑なインジケーターを使っても、EA(Expert Advisor)を用いた自動売買であっても超短期売買に挑戦できる環境となっている。

 

ティックチャートを使ってスキャルピングを繰り返す手法を実践しても特に問題はない。主に時間に余裕のあるデイトレーダー組が行うやり方ではあるものの、Forex.comはそうした人たちに人気の業者となっている。

 

ただし、取引数量がかなり多い場合やスキャルピングを繰り返す頻度があまりにも高すぎる場合には、Forex.com側からこうした手法をやめるよう促されるかもしれない。どうしても、何度も取引を行うとForex.comのサーバーに過剰な負担がかかってしまう。こうなると、全体的に取引画面への接続が悪くなったりしてしまい、他の利用者へも悪影響を及すこととなる。他のFX会社にも当たはまることだが、過剰なスキャルピングを行うのは決して好ましい行為とは言えない。

初心者は避けるべき?

なお、スキャルピングを行ったからと言っても追加的な手数料やスプレッドが発生するということは一切ない。とはいえ、短期売買の場合は損益結果の金額に占めるコスト面の割合が大きくなる。

 

収益が上がったとしてもコスト面の負担も大きくなることは事実であるため、明確な手法を確立していない場合にはあまりおすすめはしない取引手法である。

 

スキャルピングを得意とするEAによる自動売買に取り組むという方法も1つの案ではあるが、小さな利益を繰り返し獲得していくロジックのEAの場合は、含み損に関してはかなり大きな数値にまで膨れ上がるまでは決済しないようになっているものが多い。

 

ポジションを持っている方向とは反対の方向に相場が大きく動いてしまうと、大規模なドローダウンを被って大損する結果になる可能性も出てくる。というわけで、初心者は避けた方がよいかもしれない。

 

あくまでも、FX取引に慣れ、資金管理の実行や取引戦略の確立ができている上級者におすすめのやり方がスキャルピングである。その取引を行う場として、Forex.comは1つの候補となるだろう。

 

Forex.com

 

MT4が可能

1,000通貨取引可能

通貨ペア数が多い


FOREX.com×タイアップキャンペーン☆WhiteBearV1☆プレゼント!