Forex.comもマイナンバーが申し込み時に必要!?

マイナンバー

Forex.comにおいても口座開設の申し込みの際にはマイナンバーを提出することが義務づけられている。日本国内のFX業者では新規で口座を開く際にはコピーを出すことが必須となっているが、Forex.comもまた日本国内に拠点を置いているため、日本の法律が適用されている。

 

提出するのは、顔写真付きの個人番号カードでもマイナンバー通知カードでも、どちらを出しても問題はない。Forex.com宛てへは両面のコピーを送ることになる。片面しか送らなかった場合、後に裏面を送るように促されることとなる。

 

マイナンバー通知カードの場合、顔写真が載っていないため、別途もう1つ顔写真付きの身分証明書うを出すという条件になっている、例としては、運転免許証や住民基本台帳、パスポートが挙げられる。一番メジャーなのは運転免許証であろう。

 

個人番号カードがあるのであれば、こちらは顔写真が付いているため、両面のコピーを送るだけで問題はない。他に出さなければならない証明書はない。

 

提出方法としては、Webアップロード、メール添付、郵送の3つがある。スキャナーやデジカメ、あるいはスマートフォン・携帯電話のカメラ機能で写真を撮ったものを送るというやり方が一番簡単であるため、おすすめとしてはWebアップロードかメール添付となる。

 

マイナンバーをはじめとする身分証明書の提出が完了すると、Forex.com側で口座開設の審査が行われる。これに通過すると、ログインのために必要なIDとパスワードが書かれた書類が登録した住所へ送られてくる。この時点から口座へ入金できるようになる。入金ができれば、いよいよ実際のFX取引ができるようになり、MT4に関しても同時に利用できるようになる。

 

マイナンバーに関しては、他のFX業者と違う点は特に存在しない。他社と共通しているところであるため、何かに注意する必要のある点はないだろう。ただし、メール添付の際には少し注意が必要になる点がある。それは、宛先のメールアドレスである。

 

個人情報のコピーを送るため、宛先を間違ってしまうと他人へ情報が流れてしまう可能性がある。これを防ぐために、メール添付を行って送信ボタンを押す際にはもう一度宛先がForex.comになっているか十分に確認しなければならない。郵送に関しても同じことが言える。

 

Forex.com

 

MT4が可能

1,000通貨取引可能

通貨ペア数が多い


FOREX.com×タイアップキャンペーン☆WhiteBearV1☆プレゼント!