Forex.comにて「証拠金」は最低いくら必要になるのか?

Forex.comで必要となる証拠金は最低で5,000~10,000円程度である。従来の裁量取引の口座でもMT4であっても1,000通貨からFXの売買が行えるため、元手となる資金の金額はこのように低い水準となっている。レバレッジも25倍となっていることから、実際に用意しなkればならないお金は少ないのだ。

 

証拠金とは、ある取引数量分の売買に必要な担保の金額を指すお金のことであり、担保として預け入れたお金の範囲内で取引できるという仕組みが証拠金制度と呼ばれる。FXの売買で生じた損益だけがやり取りされ、取引総額の資金がやり取りされるわけではない。

 

利益が出れば、その収益分だけの金額が自分の口座へ入り、損失が出ればその金額分だけが証拠金の中から引き抜かれる形式となっている。この形ができていることによって、必要となる担保である証拠金は現実的な取引総額よりも少ないお金しかなくてもFXに参加できるようになっている。

 

ただし、物理的に必要とされている証拠金分だけの元手資金さえあればよいのかというと、決してそれは肯定できない。実際のFXでは含み損が出ることがあり、それに伴って損失を確定させる場面に出くわす例も少なくない。もし、証拠金ぎりぎりでチャレンジしてしまうと、仮に損失が出れば少しの規模のものでもすべての元手を失ってしまうことになりかねない。破産する可能性も否定できない。

 

「現実的に求められる元手の金額=証拠金の金額」ではない。資金管理が十分に行えるくらいの余裕資金があってこそ初めてFX投資に参加できるのだ。

複数のポジションを同時保有なら20万円

 

実際のFX取引においては、複数のポジションを同時に持つことも多い。異なる通貨ペアを保有してポートフォリオ運用するのも1つの手法であるが、そのためにはある程度の元手資金を持っていることが求められる。

 

必要な証拠金の目安としては、たいだい20万円以上であるといえるのではないだろうか。含み損が多くなった場合でも証拠金不足にならないレベルの資金力があるのが理想だが、1,000通貨でFXに取り組むのであれば20万円以上の余裕資金があれば、まず問題はないだろう。

 

20万円という目安があれば、資金管理も十分に行える。2~3つのポジションに元手を分散させることができ、その結果一度に大きなドローダウンを被るリスクも減る。バランスのとれたFXができるのは確かだ。

 

乏しい資金力でFXに立ち向かってしまうと、少しの損失でもロスカットになってしまうため、心理的にもかなり落ち着かない状況になりやすく、合理的な手法を実践しにくくなる可能性が高くなる。これは負ける原因にもなってしまい、それではFXに取り組む意味がゼロだ。だからこそ、資金的に余裕のある状態を維持しておくのが重要なのだ。

 

Forex.com

 

MT4が可能

1,000通貨取引可能

通貨ペア数が多い


FOREX.com×タイアップキャンペーン☆WhiteBearV1☆プレゼント!