OANDA Japan、MT4でも最大レバレッジは25倍?

個人は最大25倍

 

MT4完全対応でスプレッドが安いとして人気なのがOANDA JapanというFX会社である。個人投資家の場合、通常のFX口座ではレバレッジが最大で25倍であるが、MT4に関しても条件は同じで変わらない。

 

証拠金維持率は4%であり、取引総額が100万円であっても実際に必要な資金は4万円だけで済む。元手資金が少ない状況であっても、それ以上に取引額を増やすことができ、まさに「てこの原理」といえる。

 

なお、MT4においてEA(Expert Advisor)を使った場合でもレバレッジに関する条件は変わらない。個人投資家であればMAX25倍までかけることができる。自動売買にしたからといって何か変わるわけではない。

 

どれくらいレバレッジを利用するかは各個人によって異なるが、一般的にスキャルピングやデイトレと呼ばれる短期売買の際にレバレッジを大きくする人が多い。一方、スイングトレードや金利目当てなどで長期的に同じポジションを保有し続ける人は低レバレッジで運用する傾向にある。

資産運用が効率的に?

高レバレッジにすれば、取引はハイリターンハイリスクになる。短期売買であれば利食いも損切りの狭い値幅の範囲で行うことになるため、リスクが過剰に大きくなることは少ない。

 

一方長期型の運用となれば、より大きな利幅を狙うため、ある程度大きなドローダウンは許容することとなる。この時、高レバレッジにしてしまうと一度に大きな含み損が出てしまう可能性が一気に高まる。したがって、長期型の運用の際には低レバレッジで臨むのがふさわしいことがわかる。

 

EA(Expert Advisor)を使った自動売買の場合でも、方針は同じだろう。短期売買に特化したロジックを使うのであれば、多少レバレッジは高めにしても問題ないだろう。しかし、何日かにわたってポジションを持つ続けるロジックであれば、レバレッジは低めに抑えておくのが賢明だ。

 

複数のEAを同時に稼働させる場合も、低レバレッジの状態に抑えておくのが好ましい。たとえ、1つあたりのロジックでは少しのドローダウンしか出していないという場合でも、それが複数のロジックで同じ状態となれば、合算すると大規模の含み損となる。

 

ハイリスクとなれば、ロスカットの対象となってしまうことも考えられる。強制的に退場させられることのないように、レバレッジはできれば低い状態に抑えるのが良い。安易に証拠金制度に依存しないのも、資金管理の1つの手段であることは間違いない。

OANDA Japan

 

MT4が可能

スプレッド幅が小さい

1,000通貨取引可能

通貨ペア数が多い


≫口座開設はこちら