OANDA Japan、必要な証拠金はどれくらい?

OANDA JapanでFX取引を行う際に必要となる証拠金はいくらいくらいなのか。もちろん、取引数量が多くなればなるほど求められる金額も大きいものになる。通貨ペアによっても異なるのも事実である。

 

簡単に計算すると、取引総額の25分の1程度と考えられる。個人投資家向けのレバレッジが25倍であることから、取引総額の4%ほどが必要とされる証拠金の金額として受け止められる。これは、MT4(Meta Trader)の方でも同じであり、インジケーターを使ったり、EA(Expert Advisor)を用いた自動売買の場合でも変わりはない。

 

たとえば、ドル/円での証拠金として、1ドル=100円の場合だと仮定する。この時、1,000通貨で取引するとなると証拠金として拘束される金額は4,000円となる。10,000通貨であれば40,000円が必要証拠金の値だ。つまり、OANDA Japanの口座には証拠金を超える金額の現金がなければならない。

 

この計算方法はすべての通貨ペアに当てはまる。レバレッジの大きさは全通貨ペアで25倍のためだ。米ドル/円では25倍だが、豪ドル/円ではレバレッジ10倍となるというようなことは一切なく、どの通貨を取引したとしてもレバレッジは25倍となっている。したがって、必要となる証拠金は取引総額の4%となるわけである。

多めに入金しておくのが鉄則

ただし、証拠金として拘束されるのが取引している総額のたった4%だからといって、最低限度のお金しか入金していない状態はかなり危険な行動であるといえる。

 

強制ロスカットが存在するからだ。ドローダウンが発生して含み損を抱えると、口座精算価値が下がってしまう。つまり、実質的に入金されている金額が目減りすることになるというわけだ。こうなると、預けている証拠金も目減りする。もし、口座に少ない資金しかない場合、証拠金は取引総額の4%を割り込んでしまう。このような状態となると、強制ロスカットが発動される対象となる。

 

ロスカットが行われれば、保有しているすべてのポジションが決済されてしまい、損失が確定されてしまう。つまり、元本割れが決まるというわけだ。っこれは、取引している投資家にとってはかなり不都合な出来事であろう。

 

勝手に決済されてしまうのを避けるために、証拠金制度があるとはいえ、資金的に余裕のある金額をOANDA Japanの口座に入金しておくのが好ましい。可能であれば、取引する総額と同じ程度の現金を事前に口座に入れておくのがベストな環境である。

 

OANDA Japan

 

MT4が可能

スプレッド幅が小さい

1,000通貨取引可能

通貨ペア数が多い


≫口座開設はこちら