【シストレ24】フルオートなのに勝てない!? そんな時どうする?

インヴァスト証券のシストレ24のフルオートを使っても勝てないことがある。利益が儲からなず、損失だけが大きくなる流れがこれに当てはまる。

 

稼げないストラテジーを抱える時、あなたはどうするべきなのか。負ける状態にあるときの対策について考えた。

 

勝てないシストレ24のフルオート

インヴァスト証券のシストレ24で利用できる「フルオート機能」だが、中には収益が上がらず勝てないことに悩んでいる人はいるはずだ。自動でストラテジーの入れ替えを実行してくれる素晴らしいツールなのは間違いない。しかし、これを使っても儲からない状況にあるFX投資家が存在するのも確か。

 

あなたも今はシストレ24でフルオートを利用していて利益が儲かっていても、そのうち勝てないという悪い結果に陥る可能性も決してセロではない。

 

フルオートでストラテジーを自動的に入れ替えられたとしても、大損してFXの世界から退場する結果になる確率もまたゼロではない。どんなやり方を実行してもFXの相場を張る以上はリスクが常に存在するのは避けられない。

 

損失がひたすら大きくなっていく局面では、シストレ24ではどのような手段を講じることが求められるのか。利益を稼げるようになるための方法、それが存在しないということは果たしてあるのだろうか。

長期的に不調なら種類を変える

長期的な損失やドローダウンが発生しているのであれば、フルオートファンドを変えるのが好ましい。入れ替えの対象とするストラテジーの選定が悪いフルオートファンドがあるのは否定できない。そんな時は、もっと利益を伸ばせることが期待できる種類に切り替えるのが合理的だ。

 

フルオートファンドを稼働させてから6か月以上経過してマイナス収支で損失が出ていることが、他のものと交換する目安となるだろう。実績が半年を超えても良くならない場合、そのフルオートファンドには残念ながら収益性の見込みが薄いと判断できる。

 

収益の見込みが低いフルオートファンドを使っていても、今後もただ悪いストラテジーを取り入れるだけとなってしまうかもしれない。だからこそ、もっと運用実績が好調なフルオートファンドとチェンジすることが求められる。

 

フルオートファンドそのものを入れ替える際の方法は、従来のストラテジー単体を入れ替える最のやり方と同じと思ってよい。長期的に成績が不調なものをポートフォリオから除外し、これまで過去の相場での運用実績が良いものを取り入れて、それらを交換するだけである。

 

新しい種類のフルオートファンドに交換したら、あとはただ時間が経過するのをしばらく待つだけである。定期的に運用状況を確認して、急激なドローダウンが損失の拡大がないかどうか見張るだけとなる。そして、しばらく使ってみて儲からないかどうか判断する。

 

そして、新しく取り入れたストラテジーによる取引の成績が良ければ、今後も勝てる期待値は高い。勝てないと悩んでいる時であっても、焦らずにシストレ24に取り組んでいくのが大切。

 

それでも勝てない場合はどうする?

 

ただ、損失が出続けているために他のフルオートファンドと入れ替えたからといって、新しく稼働させたストラテジーで利益を上げてくれるかというと、その保証はない。相変わらず利益が伸び悩むという結果になることも否定できない。

 

それでも、勝てないからといって運用方法は変えないのがいいだろう。普段と同じように、短期的な結果には一喜一憂するのは好ましくない。ある日は大きな利益が獲得できて喜び、ある日は連続して損失決済となって勝てなかったことに大きなショックを受ける、というような気分で直ちに行動に移すのは避けたい。

 

長期的な成績のみを重視するのがよい。まとまった取引回数から出た勝ち・負けから、今度の戦略の判断を下すことが求められる。長期とは、具体的には6か月が目安と考える。

 

一度入れ替えたフルオートファンドをしばらくの間(6か月以上)は使い続けてみて、それでも収益が手に入らない状態のままならば、再び別のものと交換する。どうしても勝てないのであれば、この流れを繰り返していくしかない。

 

もちろん、従来のシストレ24である、各ストラテジーを単独で稼働させるというやり方に鞍替えするのも1つの選択肢となるだろう。

 

しかし、全体的に見ればフルオート機能を使った方が成績が良くなるという人が多い。まだFXの自動売買の経験がないのであれば、勝てない場合でももうしばらくはフルオート機能を使ってみることをおすすめする。

 

フルオートでも勝てない人は多い?

フルオートでも勝てない人

シストレ24のフルオートを使っている人の中で勝てない状況にある人は少ないわけではない。利益よりも損失の方が多くなっているというケースは一定の数は存在するだろう。

 

ドローダウンの時期に入っている場合、経験が浅くてあまりシストレ24にてFXの取引を行っている時間が短い人だと、損失が多くなっているかもしれない。フルオートファンドを稼働開始してからまもなく、連続で勝てなかったという人も決してゼロではない。

 

ただ、これはあくまでも短期的なドローダウンによる損失の例が多い。長期的に見て大きな損失を抱えている人は決して主流派ではない。

 

長期的に利益を上げ続けている人でも、短期的な損失についてはほとんどの人が経験している。ドローダウンの規模による差はあるものの、ある一定の期間は利益が上がらずに損していた時期を持っているはずだ。

 

シストレ24によるFXの自動売買に取り組む以上は、ドローダウンを避けることはできない。そして、短期的な損益結果を見ると、損失が拡大していると大いに感じるかもしれない。

 

これは、フルオートについても、通常のストラテジーだけを選ぶ場合でも同じことがいえる。多少の損失を被ることは許容の範囲内として受け止めることが大切だ。ちょっとしたマイナス収支を過剰に気に掛けるのは、この世界では良くないのは確か。

 

ある程度は勝てないこともあることを前提にシストレ24に取り組むしかない。短期的に儲からない点への対処法はない。しかし、長期的なドローダウンであれば、他のフルオートファンドに切り替えることで、事態が改善されることが大いに期待できるのも事実だろう。

シストレ24とは?

運営会社:インヴァスト証券

種類:ミラートレーダー(Tradency開発の自動売買、選ぶタイプ)

サービス開始:2011年11月

 

≫口座開設はこちら

 

※約5分で申し込みが完了。