マネックス証券の口座開設、日数はどれくらいかかる!?

マネックス証券

マネックス証券の口座開設にかかる日数といえば、5~10日ほどが平均となっている。申し込みフォームを記入した後は、本人確認書類としてマイナンバーカードなどを送付する。その後、向こう側で審査が行われ、それに合格するとログイン用のID・パスワードが記載された書類が自宅に届く。

 

そこで、初めてマネックス証券への口座開設のプロセスが完了したことになる。以後、FXの取引ができるようになる。また、FXだけでなく株式やオプション、先物の取引も併せてできるようになる。

 

FX会社の中では、マネックス証券の口座開設における所要日数は平均的な数値であるといえる。早いところだと、3,4日ほどで実際の取引ができるようになるところもある。大手証券会社ということで、マネックス証券はそこまでは早くはないものの、遅いというわけでもないのは確か。

 

なお、当サイトのメインテーマであるFXの自動売買について、マネックス証券ではFX PLUSの「オートレール」というツールが用意されている。こちらも、口座開設に関しては通常のFXと同じ。別で何か申し込みの手続きを行う必要はない。

口座開設に必要な書類とは?

2016年1月よりマネックス証券では、マイナンバーが確認できる書類と本人確認書類の2種類のコピーが必要となる。

 

「マイナンバーが確認できる書類」とは、マイナンバー通知カードや個人番号が記載された住民票のことである。それまでは、運転免許証1つだけで口座開設の手続きができたが、今はさらにマイナンバーも求められる。

 

写真付きのマイナンバーカードを持っているのであれば、郵送であれば、これ以外に提出しなければならない書類はない。ただし、オンライン上で申し込みを行うのであれば運転免許証も必要となる。

 

郵送での申し込みの場合、インターネット上で申し込みフォームを記入した後に、後日郵便で返送キットが送られてくる。返送する際に、マイナンバーが確認できる書類と本人確認書類をコピー(A4用紙)を送る。

 

オンラインのペーパーレスで申し込む場合、マイナンバーが確認できる書類と運転免許証のコピーまたは写真を専用の応募フォームにアップロードする。ファイルの形式はJPEGまたはPNGが指定されている。容量は1つにつき5MB以下であれば問題ない。

 

1週間以上かかる時はある?

 

マネックス証券の口座開設の申し込みを行ってから、実際に口座内へ入金して取引ができるようになるまでに1週間以上もかかることはあるのだろうか。

 

記入フォームに必要事項を入力しても、本人確認書類を送付しなければ、いつまで経っても口座開設の手続きが完了しないのは確かであるが、それをやってもなかなかマネックス証券側から書類が自宅に届かないケースも一部にはあるようだ。

 

その理由は、口座開設の可否を決める審査にあるようだ。安定した収入がある人であれば、問題なく迅速に審査を通過できる可能性が高い。しかし、少し懸念材料がある人では、審査に時間がかかりやすい。場合によっては審査で落ちてしまう可能性もある。

 

また、繁忙期でも1週間以上かかる可能性もある。ボーナスが支給される時期となると、口座開設を行う人が多くなるため、手続きに要する日数が長くなるかもしれない。

 

年末年始・ゴールデンウィーク・お盆の時期もまた、口座開設完了までに日数が長くなりやすい。こちらは、長期連休ということで次の営業日まで日にちが空いてしまうためだ。

 

審査が行われるのは営業日に限られるため、連休が終わるまでは何も進展がない。そのため、本人確認書類を提出してから一連の流れが終わるまでに1週間以上かかる可能性も否定できない。