マネックスFX「オートレール」で必要な資金、証拠金はいくら!?

オートレールで必要となる資金の目安

マネックスFXのオートレールで必要となる資金は具体的にいくらなのか。証拠金として、事前にどのくらいの金額を用意しておくのが好ましいのか。レバレッジを2、3倍くらいに抑えることを前提した場合の元手について迫る。

 

レバレッジは25倍までかけることができ、入金していく必要のある金額は総取引額の4%だけで十分であるのは確かな事実である。しかし、これはあくまでも物理的に可能な範囲の話である。

 

実際問題とは違う。FX取引としてのリスクが伴う以上、レバレッジを最大限に頼るのはできるだけ避けたい。レバレッジを大きくしていると、ちょっとした含み損が出ただけで大損することとなる。

 

利益を安定的にあげるためには良い選択肢とは言い難い。では、オートレールで本当に必要な資金の最低限度の金額とはいくらなのか。

 

50万円は資金が必要

マネックスFXのオートレールで本当に必要な資金の目安は50万円と考える。自動売買そのものは単独で1,000通貨から取引ができる。オートレールにおける1つ当たりのポジションでは1,000通貨分で問題ない。

 

1,000通貨でFXに取り組んだ場合、拘束される証拠金の金額は5000円前後になる。もちろん通貨ペアによって詳細は異なるものの、5,000~10,000円ほどあればどの組み合わせでも対応できる。

 

ただし、オートレールでは複数のポジションを同時に持つことになる。一定の値幅ごとに繰り返す仕組みであり、ポジションをすでに持っている状態でもさらに追加で新規発注される。

 

同時に持てるポジション数は最大で11建玉となっている。この最大値は自分で変えることもできるものの、オートレールの精度を最大限に生かすと考えると、なるべき多くのポジションを同時保有できる状態にしておくのが好ましい。

 

仮に11建玉を容認するとなると、1,000通貨で取引している場合には11,000通貨分の取引を行うこととなる。物理的に求められる証拠金の金額は60,000~120,000円ほどである。

 

しかし、これはあくまでもレバレッジを上限である25倍であると仮定した時の話。本当に25倍を前提として資金を用意するのは危険すぎる。

 

安全だといえる範囲とは、レバレッジは2~3倍ほどだといわれている。そして、この時に必要となる金額が、350,000~600,000円の範囲ということになる。そして、目安がたいだいで50万円というわけだ。