マネックス証券のオートレール、1,000通貨取引はできる!?

マネックス証券の自動売買ツール「オートレール」において、1,000通貨からの取引には対応しているのか。FXの場合、1万通貨が最低取引量の条件となっている業者が少なくないが、実際にはどれくらいのポジション数から売買ができるようになっているのか。

 

個人投資家にとっては、小額投資ができるという条件はかなりありがたい。中でも、初心者にとってはリスクを取りながらのFX投資は半信半疑な世界だと感じるだろう。

 

少ないリスクで投資に参加できる条件の内容として、FXの世界では1,000通貨取引ができるかどうかがカギとなる。1,000通貨取引が初心者に最適だ。1万通貨以上はやや大口であり、上級者向きといえる。

1,000取引はできるが…

1,000通貨で取引するオートレール

オートレールでは、南アフリカランド/日本円を除いては、どの通貨ペアでも完全に1,000通貨での取引ができる。どんな人であれ、最低1,000通貨からFXの取引を行うことができ、自動売買を利用した場合でも条件は変わらない。

 

取引数量の単位もまた1,000通貨ごととなっていて、2,000でも3,000通貨でも自由に取引量を指定することができる。上限は300万通貨ということで、超大口トレーダーであっても、オートレールで不自由を感じることはない。

 

ただし、1万通貨未満の取引となるとデメリットが発生する。それは、スプレッド幅とは別に手数料が発生してしまう点である。

 

オートレールを含み、マネックス証券のFX講座では、1,000通貨ごとに片道あたり30円の手数料がかかる。新規と決済の往復注文で考えると1取引で合計60円/1,000通貨の手数料を負担しなければならない。

 

一方で、1万通貨以上の取引だと手数料はまったくかからない。負担する取引コストは提示されるレートの価格差であるスプレッド幅のみだ。割安な費用でオートレールによる自動売買ができるようにするには、1万通貨以上の取引が条件となっている。

 

したがって、小額投資でオートレールに取り組む場合、大口トレーダーと比べると資産運用の効率は落ちることとなる。

 

1,000通貨だとスキャルピング型は無理

 

10,000通貨未満の取引量でオートレールにチャレンジするのであれば、スキャルピング型の手法を実践するのは避けたい。片道で30円/1,000通貨の手数料がかかるため、新規注文を出してから数pipsで決済するようなやり方だと、利益が獲得できてもコストの負担額が大きな割合を占めることとなる。

 

オートレールではトレール注文となるが、トレール幅は50pips以上は確保したい。ある程度大きな値幅を狙うことで、手数料が損益に占める割合を小さくできる。

 

どうしても、数pipsで決済するスキャルピングをリピート注文型の自動売買にこだわるのであれば、マネックス証券のオートレールはおすすめではない。スプレッド幅が小さく、しかも手数料が発生しないFX会社にて口座開設するのがよいだろう。

 

オートレールの代替手段となるのが、アイネット証券の「ループイフダン」だろう。こちらは、スプレッド幅のみがコスト。追加の手数料は一切存在しない。スキャルピング型のリピート注文には最適だ。

 

ただし、ループイフダンにはトレール注文の機能が付いていない。完全にIFD、OCOの機能だけで、一般的なリピート注文型の自動売買に留まる。

 

「リピート注文型+トレール注文」の2つが組み合わさったFXの自動売買であれば、やはりマネックス証券のオートレールにこだわりたい。