【シストレ24】仮想通貨の自動売買、今はできないのか?

FXの自動売買ツールとして人気を誇るインヴァスト証券の「シストレ24」において、仮想通貨の取引はできないのか。ビットコインやリップル、イーサリアムなどが代表に挙げられ、最近は特に投資対象とする人が急速に増えている。

一方で、FXの世界では自動売買を使う人が増える傾向にある。シストレ24をはじめるとするミラートレーダーのみならず、トラリピやループイフダンといったリピート注文型のものも台頭してきている。時間がない人や投資経験が浅い人の場合は特にシステムトレードを使った方が成績が良いケースもかなり多い。

 

仮想通貨の取引とFXの自動売買のプログラムが融合すれば、ユーザーが急速に現れるのは間違いないだろう。ただ、今のところ仮想通貨の取引を自動化したツールはほとんど世の中に出ていないのが現状というところだ。

 

 

シストレ24を運営しているインヴァスト証券では、もう1つの自動売買である「トライオートFX」において、上場投資信託の自動売買ツールとなる「トライオートETF」を投入したというのは、FX以外を投資対象とした自動売買ツールを求めていた人の間では話題となった。

 

しかし、仮想通貨を対象としたものは出ていない。今のところ、ビットコインを筆頭とするものはいずれも相場が乱高下しやすい状態にあるため、本格的に自動売買の参入が始まるかは不透明である。投機的な手段として取引されている例が大部分を占めているのが理由に挙げられる。このままだと値動きが激しい状況が続くのは避けられない。

 

とはいえ、いずれは仮想通貨の市場も外国為替市場のように値動きが安定するようになる可能性は少なくない。そうなれば、ビットコインやリップル、イーサリアムなどの自動売買がリリースされる日がきっと来るだろう。

 

なお、仮想通貨の取引の自動売買はMT4(Meta Trader)という世界的に広く浸透しているソフトであれば使える。EA(Expert Advisor)というプログラムを稼働させることで自動取引ができるのだが、初心者にとってはこれを導入して運用するのが難しい。ハイレベルの知識が必要となっている。

 

業者によってはAPIトレーディングを使うという選択肢もある。しかし、こちらはMT4以上に内容を理解するまでが難しい。プログラミングの知識が必須となるため、万人向けとは言い難い。

 

初心者でも簡単に仮想通貨のシステムトレードができるようなサービスが各業者からリリースされるまでには時間を要する。シストレ24でもビットコインやリップル、イーサリアムの取引ができる日が来ることを願いたい。