【ループイフダン】最低資金の目安とは!? 元手10万円で十分?

アイネット証券のループイフダンにおいて、必要となる最低資金は概ね10万円である。物理的には数千円で始められる。1,000通貨からFXの自動売買ができる仕組みになっているためであるが、実際には複数のポジションを持つ。

 

アイネット証券では、レバレッジは最大で25倍となっている。ループイフダンによる自動売買の時もその条件は同じ。そのため、取引総額の4%分だけの自己資金さえあれば、FX取引ができるというわけだ。

 

しかし、実際にはレバレッジをまるまる25倍かけてループイフダンに取り組もうとするのはかなりリスクが高すぎる。裁量トレードと同じだが、ループイフダンにおいてもできるだけ自己資金の範囲内で自動売買を行うのが好ましい。

 

1万円以内の資金力さえあればチャレンジできるとはいえ、現実を考えると最低でも10万円ほどの元手が必要となるのは確か。

 

≫アイネット証券「ループイフダン」の口座開設はこちら

なぜ10万円も必要になるのか?

ループイフダンの最低資金

ループイフダンの最低取引通貨量は1,000通貨となっている。米ドル/円を取引する場合、レートが100円と仮定すると、取引総額は10万円になる。この時点で、レバレッジは1倍であり、証拠金に頼った投資にはならない。

 

しかし、同じ数量のポジションを3つ同時に持った場合はどうなるだろうか。

レートが100円とすると、取引総額は30万円ということになる。証拠金として用意している自己資金が10万円の場合、レバレッジは3倍になる。

 

5つのポジションを同時保有となれば、レバレッジは5倍になる。この程度までであれば、リスクは比較的小さく抑えられる。損失が出たとしても、失う自己資金はそれほど多額の金額にはならない。ループイフダンでも安全なやり方の範囲内である。

 

しかし、それ以上のレバレッジをかけるとなると、大損する可能性が高まる。ループイフダンがコツコツと一定の値幅ごとに利益を積み上げていくシステムになっているとはいえ、含み損を抱えるリスクは常にある。レバレッジが高いと、この含み損が出た時に目減りする資金は自分自身の感覚よりも大きくなりやすい。

 

1万円の元手でループイフダンに取り組んだ場合、1,000通貨×1ポジションですでにレバレッジは10倍となる。ポジションが2つになれば、レバレッジは20倍とかなり高い。もしこの時、1pips分の損失が確定したら、元手の20%を一気に失うことになる。同時に250pips分の損失となれば、元手の半分に当たる50%も消えることとなる、

 

一方で10万円の資金を持ってループイフダンに取り組んだ時、1,000通過×2ポジションであっても失うのが全体の5%に抑えられる。レバレッジが小さければ、大損するリスクが低くなるのがわかるだろう。

 

ループイフダンは複数のポジションを持つ

 

ループイフダンでは、同時に複数のポジションを持つことで利益を効率的に上げやすい仕組みになっている。通常の裁量トレードの場合、ポジションは1つだけしか持たないということもある。

 

初心者の個人投資家となれば、1,000通貨×1しか一度に取引しないことは決して珍しくない。次にFXの取引を行う際には、保有しているポジションを決済してからにする。「(1,000通貨×1)+(1,000通貨×1)」とはならない。

 

アイネット証券のループイフダンをはじめとするリピート注文型の自動売買では、同時に3つ以上のポジションを持ちながら、新規エントリーと決済注文を繰り返し出していくことが多い。「(1,000通貨×1)+(1,000通貨×1)+・・・」となるのが好ましいシステムトレードなのがループイフダンである。

 

最低数量である1,000通貨で取引したとしても、実際には5,000分の取引をしているような状態となる。最大建玉数を1、2つに抑えれば、このようにはならない。ただ、これだとまとまった投資とはならない。効率は悪いものとなる。

 

同時にいくつものポジションを持つことがあるからこそ、最低資金は10万円と考えるのが安全だと判断する。なお、この10万円というのは最低ラインの金額である。もちろん、これ以上に元手の資金があるのであれば、それがいいに越したことはない。

アイネット証券

自動売買の名称:ループイフダン

種類:選択型シストレ(選ぶタイプの自動売買)

サービス開始:2013年10月

備考:ループイフダンが特に人気

 

≫口座開設はこちら