シストレ24で使えるブラウザ・使えないブラウザとは!?

インヴァスト証券のシストレ24では使えるブラウザと使えないブラウザがある。特に取引ツールに当たる「MYシストレ24」ではパソコンからのログインの際に動作が保証されているものに制限がある。

 

完全に対応しているのは、大人気のGoogle Chrome、IE11の2つになる。一方のMicrosoft EdgeやFirefoxは残念ながら未対応となっている。

 

マイページにはログインできても、うまく取引できなかったり、ストラテジーを選ぶ動作ができないというケースの原因は、使っているブラウザに問題があることも多いようだ。

Google ChromeとIE11ならOK

シストレ24で使えるブラウザ

パソコン版

 

IE11 Edge Google Chrome Firefox Safari
 ○  ×  ○  ×  ×

※Windows 10、8.1、7の場合

 

シストレ24で公式に動作が保証されているのはGoogle ChromeとInternet Explorer 11の2つとなっている。Windows 10、8.1、7のいずれでもこの2種類となっている。

 

利用者が多いMicrosoft EdgeやFirefox、Safari(スマホ・タブレット除く)に関しては今のところ未対応となっている。

 

MYシストレ24、ミラートレーダーの取引プラットフォーム(Mirror Trader)のいずれでも対応している。しかし、未対応のブラウザだと動作がうまくいかない可能性が出てくる。

 

ストラテジーの稼働開始・停止の操作や運用成績の確認ができない可能性が考えられる。チャートなどが文字化けしてうまく見られないこともある。

 

この場合は使っているブラウザに問題があるかもしれない。そんな時はGoogle ChromeやIE11以外に切り替えてみて、正常に作動しないかどうか見てみることをおすすめする。

 

スマホはSafari・Google Chromeで対応

スマホ(iPhone、android)で使えるブラウザ
  iPhone Android
対応ブラウザ Safari Google Chrome
OS iOS 6.0以降 Android 4.0以降

シストレ24のスマートフォン版では、iPhoneの標準ブラウザであるSafari、Androidで主流のGoogle Chromeで対応されている。

 

基本的なブラウザであればシストレ24の動作保証内となるため、大半の人にとっては特に心配する必要はないだろう。

 

ただし、パソコン版と同じようにFirefoxなどのブラウザには対応していない。スマホでも結構利用している人が多いブラウザではあるが、残念ながらスマホでもまた未対応となっている。

 

なお、OSに関してはiPhoneは6.0以降、Androidは4.0以降のものに対応している。これ以前の古いOSだ動作の対象外となる。うまく動かない可能性がある。

 

まとめ

 

  • パソコン版=IE11、Google Chrome
  • iPhone=Safari
  • Android=Google Chrome

 

シストレ24で使えるブラウザは上の表のようになる。

 

これであれば、ログインできればMYシストレ24やミラートレーダーのプラットフォームを上手く表示させることができるはず。

 

シストレ24とは?

 

運営会社:インヴァスト証券

種類:ミラートレーダー(Tradency開発の自動売買、選ぶタイプ)

サービス開始:2011年11月

 

≫口座開設はこちら


関連記事~今すぐチェック

インヴァスト証券の口座開設の方法と審査!! 簡単or厳しい?
インヴァスト証券で口座開設する時の手順と流れについて。また、審査を通過基準とその難易度を解説する。口座開設はそれほど厳しいのか、それともまったく簡単なのか。
【シストレ24】フルオート機能、必要な資金(証拠金)はいくら!?
フルオートではいくらの資金が必要なのか。その目安の金額について。
ストラテジー数は業界最多!! 1500種類もある!
シストレ24で用意されているストラテジーは全種類で約1500にも及ぶ。選択型システムトレードでは最多であり、他と比較してどれくらいの評価できるメリットがあるのか。
インヴァスト証券「シストレ24」の評価&レビュー!
インヴァスト証券「シストレ24」は、どんな点で高い評価を得ているのか。レヴューも合わせて、多くの人から選ばれる自動売買であり続ける理由を探す。
シストレ24の評判とメリット・デメリットとは何か?
シストレ24ならではの評判とはどんなものか。特有のメリットやデメリットって言えば、どういった点が挙げられるのか。ツールについて、より詳しく覗いていく。