インヴァスト証券は安全な会社か?

インヴァスト証券の安全性

 「シストレ24」や「トライオート」という名前のFXの自動売買でとても有名なインヴァスト証券は、果たして安全な会社なのだろうか。初めて口座開設しようと検討する場合、心配になる点は、業者の安全性が1つして挙げられるだろう。大切な自分の投資資金を預ける先が、財政的に不安定であれば、利用するのを避けたい理由となってしまう。

 

 そんなことから、今回はインヴァスト証券が、財政的に安全なのかどうか調べてみた。人気が高いことは確実であるが、心配性が低い会社であるのかを確かめていく。

 

安全性が高いと判断 、危険性は少

 

 インヴァスト証券は、自動売買の業者やFX会社としては安全性に欠けることがないと考える。日本国内の金融先物取引業者として、金融庁に登録されている。登録番号「関東財務局長(金商)第26号」として、完全に日本のFXの制度が適用される。

 

 自己資本比率については、500%を超える状態を維持している。これは、財務的には健全と見なされる数値であろう。したがって、財政的に破たんする可能性も極めて低いと判断する。口座開設後に資金を預ける業者としては適切であり、心配する必要性もないだろう。

 

 信託保全に関しても、日本国内のFX会社であることから、信託保全の対象とされている。インヴァスト証券は信託保全先は三井住友信託銀行となっている。この三井住友信託銀行もまた、大手の信託銀行して知名度が高く、破たんする可能性も低いとみられ、信用できるところである。したがって、この点でもまた心配する必要性はないと判断する。

 

 さらに、インヴァスト証券は過去に行政処分を受けた事例がない。そのため、さらなる信用度は高いと私は考える。このようなことから、「シストレ24」や「トライオート」を始めるにあたって、財務上の心配はしていない。これから自動売買に挑戦したいと考えている人に口座開設するFX業者としてインヴァスト証券をおすすめしたい。

 

 シストレ24はインヴァスト証券の自動売買ツールである。採用している取引プラットフォームはTRADENCYの「ミラートレーダー」である。ストラテジーを利用するタイプの自動売買であり、選択型システムトレードの代表格といえる。高度なテクニカル分析を行うストラテジーを使うため、典型的な自動売買であり、非常に人気が高い種類となっている。

 

≫「シストレ24」の詳細について

 

 トライオートは、自分で戦略やロジックを、さまざまな項目ごとに指定して取引する「半自動売買」である。シストレ24と同じく選択型システムトレードに分類されるが、ユーザーはただ売買プログラムを選ぶだけではなく、好きなように指定することができるのが特徴となっている。

 

≫「トライオート」の詳細について

 

シストレ24とは?

運営会社:インヴァスト証券

種類:ミラートレーダー(Tradency開発の自動売買、選ぶタイプ)

サービス開始:2011年11月

 

≫口座開設はこちら