トラリピの勝率、目安として何%あれば利益が儲かるのか!?

トラリピの勝率

マネースクウェア・ジャパンの「トラリピ」において、利益が儲かるほどの勝率としては何%あればいいのか。取引回数の全体に対して利食い決済が損失決済よりも多ければ数値は大きくなる。

 

トラリピの特徴としては、コツコツと一定の値幅ごとに売買を繰り返していくタイプのFXの自動売買だが、特に大きな含み損が発生しない限りは利食い決済が中心となる。損切りの設定がデフォルトでは設定されえいないため、大損しない限りは勝率はかなり高いものとなる。

 

勝率が100%であれば、負け回数はゼロであるため利益が上がる一方であり、損失が出てはいないといえる。しかし、現実的には100%という驚異的な記録を出すのは不可能だ。長期的にFXの取引に取り組めば、そのことが理解できる。

勝率9割でも損することもある

トラリピの勝率の目安としては高い方が好ましいのは事実である。しかし、それが戦略の良し悪しを決める指標のすべてではないのもまた事実である。

 

勝率がいくら高い数値であっても利益と損失を合計すると損失の方が多くなるケースもある。例えば、10取引したとする。利益が出た時は10pipsで利食いし、損失が出た時は200pipsの含み損で損切りした場合、9勝1敗になると相対的に-110pipsとなる。

 

もしこの時10,000通貨で取引していた場合、9,000円の利益が出たが20,000円の損失が出たということで、11,000円の損失ということになる。

 

この時、勝率は90%であるものの、損益結果は完全にマイナスである。これでは、利益よりも損失として資産が目減りしてしまっている。よって、勝率がどんなに高くても儲かるとは限らない。

 

大切なのは「勝率」ではなく「損益結果」である。FXの自動売買では設定した戦略通りに決済注文が出されるため、そのシグナルが出るタイミングが悪いとあっという間に損失が出てしまう。

 

トラリピの場合は損切りの設定は自分で決めるようになっているため、早めに含み損を確定することもできれば、大きくなっていから確定させることもできる。前者の場合、1回あたりのマイナス収支額は小さいが頻繁に損失決済が出る。後者の場合はこれと逆で、損することは稀だが一度でも損切りすると大損という結果になる。

 

よくトラリピのようなリピート注文の自動売買では勝率こそが勝敗のカギであって9割を超える設定にするのが良いと主張する人がいるが、これはまったくの誤りというのがわかる。

 

勝率は低くてもOK? 損切りも大切

 

トラリピでは損切りの設定はしないのが好ましいという意見は決して少なくない。多少のドローダウンを容認してまでも、コツコツと利益が上がっていく状態を維持した方が収益が上げやすいという見方も存在する。

 

しかし、私としてはトラリピのようなリピート注文の自動売買でも損切りの設定は入れておいたほうが良いと考えている。ドローダウンを容認するとしてもそれには限界がある。許容範囲はあまり広いものではない方が、相場の不調で含み損が拡大しても一定の大きさで損失が確定してダメージを大きくさせないことで、次回の取引で利益が上がるチャンスを残すことができる。

 

勝率は低くても問題ない。数回の損失結果があったとしても、何度かの大きな利食いがあってそれらを抹消して累積利益が累積損失の金額よりも多ければ、資産運用としては大成功である。

 

とらりぴに取り組む目的はあくまでも収益を儲けることだ。これが達成できれば、勝率などのデータ成績はどうでもいい。収支をプラスにすることだけに着目するのが大切といえる。

マネースクウェア・ジャパン「トラリピ」

運営会社:マネースクウェア・ジャパン

名称:トラリピ

自動売買の種類:リピート系

サービス開始:2007年12月

 

≫口座開設はこちら