トラリピで必要な最低資金はいくら!? 30万円はほしい!

トラリピにおいて、必要となる最低資金は決して高い金額ではない。25倍のレバレッジをかけられることに加えて、最小で1,000通貨からFX取引ができるため、物理的には1万円以内ですべての通貨ペアを網羅できる。

 

他の投資手段と比べてもかなり少ない金額で取り組めるため、少額投資家にとっても参入障壁はかなり低い。マネースクウェア・ジャパンにて口座開設をすれば、だれでもトラリピを使ったFXの自動売買にチャレンジできるのは確か。

 

しかし、実際にはそれなりの資金がある上でトラリピに取り組むのが好ましい。高いレバレッジに頼った取引はリスクも大きい。ちょっとした含み損でも大損失となる結果も否定はできない。本当に必要な最低資金は数千円、数万円というわけにはいかないのが現状。

最低資金は30万円あるのが良い

トラリピでまともにFXの自動売買に取り組むのであれば、最低資金は30万円ほどというところである。シストレということで、同時に複数のポジションを持ったり、両建てで取引することもある。異なる通貨ペアに同時に投資するというやり方もある。

 

一度新規エントリーで約定したら、それが決済されるまで次の注文は出されないという仕組みではない。一定の値幅ごとに売買を繰り返すというトラリピの性質上、他のシストレと比較しても同時にポジションを数個保有するケースが多い。

 

また、レバレッジに頼るのではなく極力自己資金の範囲に見合った元手があるのが好ましい。ポジションが複数ロットあるとはいえ、それでも投資元本の範囲を超えて本来は実在しないお金の力を借りてFXの取引を行うと、いざ損失が出た時には想像以上に大損してしまうことにつながりかねない。

 

例えば、5万円しか資金がない状態で、1,000通貨単位で2つのポジションを持ったところ、一度に両方で500pips分の損失が出たとすると失う金額は5,000円ということになり、一気に元手の10%も失ってしまう。これがさらに大きくなって、2割、3割もの資金を損する結果になるケースも少数ではない。

 

1,000通貨で取引した場合、元手の資金が30万円あればレバレッジを低い状態でもほとんど自己資金の範囲内でトラリピによるFX自動売買が可能。複数のポジションも保有する余裕もあるほどの金額だ。

 

1取引当たりの建玉数を増やすなら

 

トラリピで1取引あたりの建玉数を増やすのであれば、基本的にはさらに元手資金が必要になると考えるのが好ましい。1,000通貨から5,000通貨へと増やすように、単純にロット数を多くする場合でもレバレッジに頼るのは決しておすすめの方法とは言えない。

 

また、FX取引を始めたばかりの頃は、当面はなるべく1,000通貨単位でトラリピに挑戦するのがよい。どんな時に利益が出て、どんな場合に損失が出るのかがあまり把握できない時期であることから、リスクは可能な限り抑えて置きたい。

 

ロット数を増やしてレバレッジを利用したFXの自動売買に挑戦するというやり方も一応認められてはいるが、少なくとも上級者の領域に入ってからのことだととらえよう。中級者以下では、リスクを抑えながら収益を伸ばすコツを習得していく時期といえる。

 

マネースクウェア・ジャパン「トラリピ」

運営会社:マネースクウェア・ジャパン

名称:トラリピ

自動売買の種類:リピート系

サービス開始:2007年12月

 

≫口座開設はこちら