【トラリピ】FXで1,000通貨取引の時の手数料、いくらかかる!?

FXのリピート系自動売買であるトラリピでは最低1,000通貨から取引できるわけだが、最小単位の時にかかるスプレッド手数料はいくらなのか。よく取引量が少ないよ通常よりも割高なコストになるFX会社があるが、マネースクウェア・ジャパンのトラリピにはそんなデメリットは本当にないのだろうか。

結論から言うと、1,000通貨の場合と10,000(1万)通貨の場合ではスプレッド幅は同じであるが、手数料コストには違いがある。大口の時は小口取引よりも負担する金額の大きさが安く、取引量が増えればコストは安く済む。

取引数量に関わらず、スプレッド幅は常に一定の数値となっているものの、追加的な手数料の金額は小口になれば割高になる。

具体的にいくら取られる?

取引数量 手数料
1万通貨単位以上の場合 1,000通貨単位当たり30円
1万通貨単位未満の場合 1,000通貨単位当たり50円
せま割対応注文の場合 1,000通貨単位当たり10円

1万通貨以上の取引の場合、1,000通貨あたり片道30円の手数料がかかる。1万通貨未満の取引時については、片道50円(同じく1,000通貨あたり)の手数料が発生する。

見てわかる通り、少ない取引量だと手数料として負担する金額が割高になる。少ない元手でFXの自動売買に取り組んでいる人にとっては不都合な条件となっているのは確か。コスト面を考えると、小額投資を積極的に重視するメリットは薄い。

しかも、この手数料に加えてスプレッド幅も存在するため、売値と買値の価格差の大きさもまたコストとしてトラリピの利用者が負担することになる。従来のFX取引、あるいは他のFX業者と同じようにスプレッド幅による負担も存在するのを忘れてはならない。

スプレッド幅の具体的な大きさについては、最もメジャーなUSD/JPYで1.0~2.0銭、EUR/JPYで4.0~5.0銭程度となっている。他のFXの自動売買ツールを提供している業者と比較すると決して小さくはない。追加的な手数料もかかる点を考えると、トラリピでは結構な負担額が要求されるということが読み取れる。

 

なお、南アフリカランド/円については、ほかの通貨ペアとは条件が異なる。最低1万通貨からの取引となっていて、手数料は1万通貨当たり片道200円かかる。ドルやユーロなどと比べるとマイナー通貨ということもあって取引コストが割高となってしまうのは避けられない。

 

割高だけど大丈夫!?

 

ところで、トラリピの1,000通貨での取引だと割高になるが、それでも本当に利益はまともに出るのか。1万通貨未満だと片道だけで50円の手数料とスプレッド幅分の負担となるが、かかるコスト以上に収益を獲得するのは現実的に考えても難しくないのか。

 

結論としては、20pips以下の値幅設定だとコストの割合が利幅の大部分を占めるためやや困難になる。確かに超短期売買に徹してしまうと負担感がかなり大きい。スプレッド+手数料のデメリットが大きくなる取引スタイルであるのは間違いない。

 

しかし、それ以上の値幅に設定するのであればほとんど問題ない。利益が上がればそれに占めるコスト面の割合は小さく収まる。特に一度に50pips以上の値幅を取るようにすれば、まず手数料やスプレッド幅の大きさによる不都合を受けることはないと考えてよいだろう。

 

したがって、もしトラリピにおいて1,000通貨くらいでの小額投資に挑戦するのであれば、値幅の設定は

50pips以上にするのが好ましい。スプレッド幅と手数料による影響が受けないようにトラリピに取り組めば、それだけ利益が得られる可能性が高まるのは言うまでもない。

マネースクウェア・ジャパン「トラリピ」

運営会社:マネースクウェア・ジャパン

名称:トラリピ

自動売買の種類:リピート系

サービス開始:2007年12月

 

≫口座開設はこちら

※約5~10分で申し込み完了